肉離れ

筋肉が伸ばされながら収縮すると、筋力に負けて部分断裂を生じることがあります。それが「肉離れ」です。

肉離れ

筋肉が伸ばされながら収縮すると、筋力に負けて部分断裂を生じることがあります。それが「肉離れ」です。体重をかけると痛むために通常の歩行が出来なくなります。
原因はスポーツによるものが多く、典型的な例は「ふくらはぎの内側の筋肉の部分断裂」「大腿部→・前面は大腿直筋(腿の前の真ん中よりやや外側)」「後面はハムストリング→内側はお尻の近く・外側は膝の近くの筋の部分断裂です。

  1. 徒手検査にて損傷の程度を判別します。
  2. 急性期(痛めてすぐ)は患部をアイシングや超音波治療(非熱)をします。
  3. テーピングや包帯などで固定し患部の安静を図ります。
  4. 損傷部位の回復を図りラジオ波などの温熱治療を行い柔軟性の向上させ、再発防止に努めます。

お知らせ

BLOG

LINE友達追加

TOP